東京労働安全衛生センターにできること

安全衛生活動の主役は現場で働く人々です。事業主には労働者の安全と健康を確保しなければならない最終的な責務があり、労働者も安全衛生の問題に十分関心を持ち、その意見を事業者が行う安全衛生施策に反映することが求められます。東京安全センターでは現場の人々が主導する、効果的で安価な安全衛生活動つくりをお手伝いします。

日本の労働安全衛生法では、健康診断、作業環境測定等が定められています。「法定なので、やむなく実施している」という事業主さんの意見もよく聞かれますが、せっかく費用をかけて実施するのですから、意味のある内容にしたいものです。東京安全センターでは作業環境測定機関として法定の作業環境測定を実施するとともに、労働衛生コンサルタントがその結果にもとづいて現場改善を一緒に考えます。また、健康診断も提携する医療機関と協力して実施可能です。前の現場の労使が主体的に取り組む「総合的安全衛生活動」の一環として、法定項目を積極的に位置づけ、効果的に実施します。

アスベスト(石綿)は、発がん物質として2004年10月に建材等への使用禁止、2005年には「石綿障害予防規則」が施行され、その管理がたいへん厳しく規制されています。しかし、これまでに約1000万トンが輸入されて主には建材として使用されてきたため、私たちの身の回りにはアスベスト製品があふれています。アスベストを含む吹付け材は、周囲にアスベスト粉じんを飛散させる恐れがあるため、早急に除去しなければならないものもあります。スレートなどの一般の建材も解体やリフォームの時には粉じんが発生しないように対策が必要です。東京労働安全衛生センターでは、建物の石綿含有建材調査、建材等の石綿含有の有無の分析、空気中の石綿濃度測定、リスク評価などを提供しています。

日本では、2015年には972人が労災職業病により命を落としており、7000人以上の方が仕事が原因で病気になっており、11万件以上の休業災害が発生しています。その8割は従業員100人未満の中小零細事業所に集中しています。また、現代の技術革新競争やポストバブルの社会経済の激変は、労働者の働き方、職場環境に大きな変化をもたらしています。ストレス過剰な働き方で心身の健康を損なう労働者が増えてきています。東京安全センターのある東京東部は中小企業の多い地域です。センターでは、労働衛生コンサルタントが主に地元中小企業で働く皆さんの安全健康快適な職場つくりを支援しています。

 

top

概要・沿革

作業環境測定機関登録 13-83
労働衛生コンサルタント登録 工-第466号
労働安全コンサルタント登録 化-第553号
 
概要

  • 名称
    • 特定非営利活動法人 東京労働安全衛生センター
  • 設立
    • 1998年年7月1日
  • 所在地
    • 東京都江東区亀戸7-10-1 Zビル5階
  • 役員
    • 代表理事 平野敏夫
    • 副代表理事 西畠正
    • 常務理事 飯田勝泰
    • 監事 山本志都
    • 監事 吉沢公良
    • 顧問 上野満雄

沿革
 1998年7月 設立
 
 2004年4月 作業環境測定機関登録

 2005年4月 労働衛生コンサルタント登録
 
 2006年10月 東京労働局登録教習機関
 
 2008年1月 神奈川労働局登録教習機関

 2017年3月 労働安全コンサルタント登録
 

アクセスマップ

 
特定非営利活動法人 東京労働安全衛生センター
 
東京都江東区亀戸7-10-1 Zビル5階 
JR亀戸駅東口下車徒歩10分
東部亀戸線亀戸水神駅下車徒歩5分
 
Tel 03-3683-9765
Fax 03-3683-9766



 

スタッフ紹介

代表理事  平野敏夫 (産業医、ひらの亀戸ひまわり診療所理事長)
副代表理事 西畠正  (弁護士)
常務理事  飯田勝泰 (事務局長)
スタッフ 
   三橋徹  (産業医、整形外科医)
   名取雄司 (産業医、呼吸器、内科医)
   仲尾豊樹 (作業環境測定士)
   内田正子 (産業カウンセラー)
   外山尚紀 (労働安全衛生コンサルタント、作業環境測定士、建築物石綿含有建材調査者