石綿対策

 
分析だけではないリスクを踏まえた総合的アスベスト対策を提供します。

1. 総合的なアスベスト対策をサポートします。
2. 目的に合った精度の高い調査・測定・分析を提供します。
3. 説明責任を果たします。
4. 最新情報をもとにリスク評価を行います。
5. 関係者間のリスクコミュニケーションを促進します。

建築物の石綿含有建材調査
 建築物に使用されている吹付け石綿などによって発生する中皮腫などの重篤な健康被害を防止するため、通常使用時における建築物に使用されている石綿含有建材等に関する調査を精密・正確に実施する専門家の育成が求められ、国土交通省では2014年から新たに「建築物石綿含有建材調査者」制度を開始しました。センターでは、メンバーがいち早く建築物石綿含有建材調査者を取得し、2016年4月に設立された「建築物石綿含有建材調査者協会(ASA)」の副代表理事に就任しています。石綿含有建材の有無、施工場所、劣化状況から危険性を判定し、アドバイスが可能です。
 
建物調査の見積りは下見が必要です。お問い合わせください。
 
 

建材のアスベスト含有分析
 2005年7月に施行された「石綿障害予防規則」では、建物の解体、改修時に建材のアスベスト含有等のチェックを義務付けています。吹付け材は分析による含有率の確認が、その他の建材は文書によるチェックで確認できない場合は分析による含有の有無の確認が必要です。当センターでは、日本環境測定分析協会のインストラクター資格を持つ分析者が分析します。また日本環境測定分析協会の技能試験(試験所、技術者)に合格しており精度を担保しています

日本環境測定分析協会インストラクター認定証
日本環境測定分析協会技能試験合格証(試験所)
日本環境測定分析協会技能試験合格証(技術者)

 
採取・分析の料金

試料の採取 5,000円

推奨する分析方法
・JIS A 1481-1による定性(石綿含有の有無)分析  30,000円
・JIS A 1481-4による定量(石綿含有率)分析  30,000円
 
その他の分析方法(国際標準として認められない分析方法)
JIS A 1481-2による定性分析 60,000円
JIS A 1481-3による定量(重量パーセントの決定)分析 60.000円

価格は税別です。
建物調査の見積りは下見が必要です。お問い合わせください。
 
 
 
石綿関連の実績
事務局員 外山尚紀
2014年~現在   日本環境衛生センター建築物石綿含有建材調査者講習運営委員 テキスト副部会長、講師
2013年~現在   日本環境測定分析協会インストラクター(石綿分析) 
2012年~現在   環境省中央環境審議会大気環境部会石綿飛散防止専門委員会委員 
2011年~現在   環境省・厚労省東日本大震災アスベスト対策合同会議委員 
2006年~2007年  東京都アスベスト成形板対策検討委員会委員
2005年~2011年  日本建築センターアスベスト濃度測定委員
 
 
 

ページの先頭へ

 

top